ライトノベルを書きたい

    新人賞を受賞して作家デビューしたい、そんなワナビな僕のとりとめのない夢がつまる予定地。

    指定期間 の記事一覧

    スポンサーサイト

    --.--.-- (--)
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    読者賞発表【第二回オーバーラップ文庫WEB小説大賞】

    2015.01.31 (Sat)
    こんにちは。

    第二回オーバーラップ文庫WEB小説大賞の読者賞が発表されました。
    発表があったのは約一週間前ですね。気づくのが遅れてしまいました。
    ページはこちら

    受賞された作品は

    独りが好きな回復職 昼熊


    です。
    昼熊さん、おめでとうございます!

    書籍化確定では無いみたいですが、書籍化までこぎつけたら素晴らしいと思います。

    ところで、読者賞ってつまり投票ですよね。
    作品の人気度を知るためなら、「なろう」の新人賞なのでワザワザ読者賞を設ける必要はありません。
    ということは、つまり、作家の営業力を試しているということなんでしょうか?
    4位が同立だったということもあり、得票数がいくらだったのかが気になります。

    終わり。
    スポンサーサイト

    鎌池和馬が教える文章の書き方

    2015.01.30 (Fri)
    こんにちは。

    今日は鎌池和馬の一〇年分の構造の「実勢に文章を書くにあたって」を読んだ感想を書きたいと思います。
    ページはこちらからどうぞ。

    僕は他人に比べて文章が汚いです。
    というか、文を組み立てるのが下手というのが正しいのでしょうか。
    会話でも上手く順序立てて話せない。

    だからこういう記事はとても参考になります。

    特に僕はどうしても
    『「~」と○○は言った。』
    みたいな文章を使いたくなってしまいます。

    それを回避するためには、思い切って「言った」とかの表現を無くすのがいいみたいですね。そして別の動作を挿入すると。
    『○○は振り返った「~」』
    みたいな感じですね。

    分かった上で気をつけて書いていたつもりですが、こうして改めてずらずらっと書かれるとグサグサ来ます。


    そして何より大事だと思ったのが
    「リアリティよりも面白さを重視しろ」
    ということ。
    僕は設定に矛盾がないように、を意識しすぎて改稿したため、いくらか説明的になりすぎてしまったフシがあります。
    改悪と思われる変更を加えた箇所も、今になってみるとわかります。
    この気持は忘れないでいきたいと思います。

    終わり。

    二次選考結果発表【第九回小学館ライトノベル大賞】

    2015.01.29 (Thu)
    こんにちは。

    ついに発表されました。
    第九回小学館ライトノベル大賞二次選考結果!
    ページはこちら

    通過されたのは

    フルホシュタットの魔術士 尾地零
    ユーレイヒ! 川澄柳人
    売られた地球を買い戻せ! こっこ
    埼玉県神統系譜 中村智紀
    ふるべゆらゆら 蛇神と踊れ 志保龍彦
    秘蹟商会 小山恭平
    あの夏、最後に見た打ち上げ花火は 助供珠樹
    アイドルファンの俺がステージダイブしたら、異形と戦うことになりました。 天田紫大
    帝都の歩き方 別宮幹也
    異世界錬金メカニクス 伊神一稀


    通過された方おめでとうございます!
    数日前の記事にも書いた通り、
    一次通過100作品中二次通過は10作品。複数通過の方はいらっしゃいませんでした。

    「あの夏」と来るとどうしても、アニメ「あの夏で待ってる」を思い出してしまいます。
    こういうタイトルは青春系やセカイ系の香りがして好きです。

    それから「異世界錬金メカニクス」は直球なタイトルですね。直球なだけに、異世界やロボが好きな人への訴求力は相当なものでしょう。

    どの作品が受賞することになるのか、楽しみです。

    終わり。

    僕が偽物だったことについて

    2015.01.28 (Wed)
    こんにちは。

    知らないかったという事実が既に大変恐縮なのですが、先日こんなサイトを見つけました。
    物語を書きたいッ!

    あれれ、なんかサイトタイトルに見覚えがあるような……。

    そう、僕のブログ、「ライトノベルを書きたい」と似てるんですよね。
    もちろん僕は新参で、しかも向こうのサイトさんはコンテンツもしっかり充実しているので、僕が紛うことなき偽物なんですが。

    まぁ、僕の話はいいとして(棚上げ)。
    この「物語が書きたいッ!」さん、とても参考になります。
    物語の書き方を教える、謂わば創作支援系のサイトなので、ワナビの方は必読かもしれません。
    かくいう僕も、過去記事を読み進めているところです。

    ただ、2014年の中頃で更新が止まってしまっているのが悲しいですね。
    再開されることを切に願っています。

    終わり。

    一次選考結果発表【第20回スニーカー文庫大賞・秋の選考】

    2015.01.27 (Tue)
    こんにちは。

    第20回スニーカー文庫大賞・秋の選考の一次選考結果が発表されました。
    発表ページはこちら

    通過が48作
    複数通過はいらっしゃいませんでした。

    48作品もあれば、複数通過の方が一人や二人いても良さそうな感じがしますが、意外でした。

    気になったタイトルをピックアップしてみましょう。

    ・ヨルムンガンド 第壱話『小さき花に赤い手向けを』
    ヨルムンガンドって、全く同じタイトルの漫画がありますよね。神話に出てくる大蛇の名前らしいのですが、それにしても同じ名前で出版してもらえるのかどうかは疑問ですね。

    ・ゲロピュア
    あぁ、並んではいけない単語が並んでしまいました。
    ゲロとピュアって……。天使と悪魔的なノリを感じないでもないような……?

    春の受賞作は二作とも気になるタイトルだったので、秋はどのような作品が受賞するのか楽しみですね。

    終わり。

    角川書籍60%オフ!Kindle

    2015.01.26 (Mon)
    こんにちは。

    2014年10月上旬に、KADOKAWAさんとdwangoさんの合併による角川書籍50%オフセールがありました。
    が、それ以上の大きなセールが到来したようです。

    それがこちら
    角川書店 冬の大型フェア
    です。

    7800以上の角川書店の対象タイトルが希望小売価格から60%OFF!
    とのことで、今まで欲しいけど微妙に手が出なかった本、今は読めないけど後で読むだろう本、などを購入するにはいい機会ですね。

    また、Kindleに入るタイミングを窺っていた人にとっても、いい機会かもしれません。

    期間が
    2015年1月23日(金) 0時00分~2015年1月29日(木) 23時59分
    となっていますので、今日含めて後4日間。
    ご購入の検討はお早めに!

    終わり。

    二次選考結果発表……間近?【第九回小学館ライトノベル大賞】

    2015.01.25 (Sun)
    こんにちは。

    昨日に引き続き、新人賞の結果発表の記事です。

    丁度昨日、クズと金貨のクオリディアを買いに書店へ赴きまして、その際ガガガさんの新刊も購入しました。

    その中に入っていた「ガ報」という新刊案内に、第九回小学館ライトノベル大賞の二次選考結果が載っていました。
    しかし、まだインターネット上で公式発表はきていないようですね。
    発表が来たらまた記事にしたいと思います。
    が、待ちきれない人は今すぐガガガ文庫新刊を買いに行きましょう!

    少しだけ話しますと、一次通過100作品中二次通過は10作品。
    複数通過の方はいらっしゃいません。

    ちなみに僕が買ったのは「二度目の夏、二度と会えない君」という赤城大空先生の新作です。
    赤城大空先生といえば、「下ネタという概念が存在しない世界」というアニメ化も決まっている人気問題作の著者さんです。
    今から読むのが楽しみです。

    終わり。

    選考結果発表【第11回MF文庫J新人賞第ニ期】

    2015.01.24 (Sat)
    こんにちは。

    先日第11回MF文庫Jライトノベル新人賞の結果が発表されました。
    ページはこちらです。

    結果はなんと
     佳作作品無し
    でした。

    佳作作品無しは
    第二回の第一期
    第三回の第一期
    第三回の第四期
    第五回の第一期
    第十回の第四期
    に続き6回目となります。
    第五回以降該当作品無しはしばらく無かったので、ここにきて第十回と第十一回と連続で該当作品無しがあるというのは、投稿者目線からは辛く映りますね。

    本にして自社の商品として発売するんですからね、それだけの価値があるか否かは考えてしかるべきですよね。
    そういう意味では、新人賞の正しい姿勢なのかもしれません。

    第三期では佳作がたくさん出ることを祈っています。

    終わり。

    2014年本屋大賞発表!

    2015.01.23 (Fri)
    こんにちは。

    2014年の本屋大賞の結果が発表されました。
    ページはこちらです。

    丁度このあいだ記事にしました直木賞受賞作『サラバ!』がノミネートされていますね。
    ノミネートされた作家の面々を見るに、人気のある人がある程度固定されている印象を受けました。

    まあ人気の無い小説がノミネートされるのもおかしな話なので、正しいといえば正しいのですが、何か面白みに欠けるような……。
    例えば、新人作家部門を作るとか面白いんじゃないですかね。
    もしくは、未ノミネート作家部門とか。

    未だ巡り合っていない良書を発掘したい本の虫の方々にとっても意味のある賞になっていくと良いですね。

    終わり。

    第一回アイリス恋愛ファンタジー大賞開催【一迅社文庫アイリス】

    2015.01.22 (Thu)
    こんにちは。

    新しい新人賞……とういかなろうコンペが設立されました。
    その名も「一迅社文庫アイリス 恋愛ファンタジー大賞」

    ページはこちら

    恋愛×ファンタジーの小説を募集するようです。
    受賞作品は一迅社文庫さんから書籍化されます。
    締め切りが2015年5月19日23:59分
    賞金
    大賞:30万円 銀賞:10万円 銅賞:5万円

    他の賞に比べて賞金額が少ない感じが否めません。
    まあ投稿者は賞金で賞を見ているわけではない方が大半だと思うので、大きな問題ではないと思いますが。
    選評が無いので、応募する方はそこに注意ですね。

    女性向け作品の新人賞もといコンペは多くありません。
    なので、女性向けの作品を書かれる方にとっては、門戸が広がったので朗報ですね。

    終わり。
     | HOME |  Next »
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。