ライトノベルを書きたい

    新人賞を受賞して作家デビューしたい、そんなワナビな僕のとりとめのない夢がつまる予定地。

    指定期間 の記事一覧

    スポンサーサイト

    --.--.-- (--)
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    電撃三次拾い上げの怪作【宇宙人の村へようこそ 四之村農業高校探偵部は見た!】

    2015.08.23 (Sun)
    こんにちは。

    電撃文庫から出版されました、松屋大好先生の作品
    宇宙人の村へようこそ 四之村農業高校探偵部は見た!
    を読みました。

    公式サイトにはこう銘打たれています。
    「第21回電撃小説大賞選考会にて議論を呼んだ怪作登場!!」

    さて、第21回電撃大賞の最終選考は10作品で行われました。
    受賞に至ったのは「ひとつ海のパラスアテナ」および「φの方石」を大賞とした計8作品。
    つまり、受賞に至らなかった最終選考作品は2作品。

    しかし、実はこの
    「宇宙人の村へようこそ 四之村農業高校探偵部は見た!」
    は最終選考作品ではありません(おそらく)。

    こちらを見ていただければわかるかと思いますが、
    実は作者名「松屋大好」で三次選考まで残っていた作品があるのです。
    それが
    「活性化してます!中山間探偵部」
    です。

    「宇宙人の村へようこそ」は中山間にある高校へ転入し、探偵部に入部することになった主人公の話です。
    ですから、「活性化してます!中山間探偵部」の改題もしくは改稿でまず間違いないと感じられました。
    実際に読んでみたところ、「活性化してます」要素はあまり感じられなかったので、
    投稿時から大きめの改稿がされたのかもしれません。

    あらすじ
    中山間にある閉鎖的な村「四之村」へ、母の都合で帰郷することとなった主人公「神室圭治」。
    神室の家は四之村を治める8つの旧家の1つであった。
    主人公はその神室の家の子供という理由で、学校で浮いた存在となってしまう。
    そこで、主人公の母が創設したという探偵部の現部長「ハコ」と出合い、探偵部に入部することとなる。
    四之村は様々な分野に突出した才能を持つ人間たちの村であり、ハコは彼らを宇宙人と呼んだ。
    その四之村で起きる奇怪な事件の数々に、圭治は巻き込まれていく。

    本作は5つの短編で構成されています。

    僕はこの作品、大好きです。
    しかし、同時に好き嫌いの分かれる作品でもあろうな、というように感じました。

    本作で発生する事件はどれも不気味なもので、SFというよりもオカルトに近いものを感じさせてくれました。
    5つの事件のどれもが一つの作品として作られても良いと感じさせる内容です。
    それゆえに、探偵ミステリー的な推理を期待してしまうと、いささか肩透かしを食らうかもしれません。
    一つ一つの作品が短く、半ば偶然解決するような事件もあるためです。

    事件の気持ち悪さと村の気持ち悪さがある一方、魅力的なキャラクターたちが良く動く楽しげな雰囲気もあります。
    それらがうまく混じり合い、ページを捲らせる力の強い作品です。

    興味がある方はぜひお手に取ってみてはいかがでしょうか。

    終わり。
    スポンサーサイト

    講談社タイガ創刊が楽しみすぎ隊

    2015.08.13 (Thu)
    こんにちは。

    各所で話題になっていた講談社謎のサイト。

    それからしばらくしてようやく姿を現した(まだベールは被ったままですが)レーベルこそが講談社タイガ。
    サイトはこちら

    レーベル名を聞いたときは、
    「フーン」
    ぐらいでしたが、執筆陣を見た途端それが
    「ふぇぇええ!」
    に変わりました。

    知っている名前のオンパレードですよ。

    そして気になる創刊ラインナップ。
    タイトルの公開は8月とつぶやかれ、未だに公開されていないという焦らし。
    ただ、創刊ラインナップを飾る執筆陣は決定しているようです。
    その面々というのが
     森博嗣先生
     西尾維新先生
     野村美月先生
     野崎まど先生
    です。

    鼻血でます。

    買います、絶対。

    特に野村美月先生については、最近「下読み男子と投稿女子」を拝読し、改めてその青春感の熱さを感じた次第でして、
    新レーベルの創刊ラインナップとしてどのような作品を送り込むのかが楽しみで仕方ありません。

    楽しみ~
    という旨の報告でした。

    そして気になるのがやはり新人賞です。
    レーベルといえば新人賞ですから。

    新潮文庫nexさんの新人賞は、新人賞であって新人賞でない、いわばスカウトの形で肩を落とした記憶があります。
    さてさて、講談社タイガさんはどうなることやら。続報を待ちます。

    終わり。
     | HOME | 
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。