ライトノベルを書きたい

    新人賞を受賞して作家デビューしたい、そんなワナビな僕のとりとめのない夢がつまる予定地。

    2014年年間ライトノベルランキング発表【オリコン】

    2014.12.02 (Tue)
    こんにちは。

    オリコンスタイルさんから2014年の年間ランキングが発表されました。
    ライトノベルのシリーズ別ランキングはこちら
    ライトノベル一冊づつのランキングはこちら
    文庫作家別のランキングはこちら

    シリーズ別で見ると

    劣等生が1位、SAOが2位

    ですが
    一冊づつ見ると

    カゲロウデイズが1位、SAOが2,3位、SAOPが4位、劣等生が5位

    なんですね。
    劣等生は巻数が多かった影響でシリーズでSAOを抑えて1位になったんでしょう。

    文庫作家別ランキングの内、ライトノベルに関係の深い作家さんをピックアップしますと

    川原礫先生(SAO、AW)が5位
    佐島勤先生(劣等生)が8位
    じん先生(カゲロウデイズ)が9位
    有川浩先生(図書館戦争)が10位
    榎宮祐先生(ノーゲーム・ノーライフ)が12位
    渡航先生(俺ガイル)が14位
    三上延先生(ビブリア)が19位
    鎌池和馬先生(禁書目録)が20位

    でした。カッコ内は代表作です。

    川原先生はヒットシリーズを二作に加えて、『絶対ナル孤独者』という新シリーズも始まったので、この順位も納得です。
    榎宮先生はドクターストップによりノゲラの新刊が出ていないことが悔やまれますね。出ていたら多分有川先生と同じぐらいの順位だったでしょう。

    文庫で20人中8人がライトノベルに縁のある作家さんです。
    これからもどんどん勢いづいて欲しいですね!

    終わり。
    スポンサーサイト

    コメント


    管理者のみに表示