ライトノベルを書きたい

    新人賞を受賞して作家デビューしたい、そんなワナビな僕のとりとめのない夢がつまる予定地。

    スポンサーサイト

    --.--.-- (--)
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ちょっとした進捗と執筆ソフト

    2014.09.06 (Sat)
    こんにちは。

    9月3日に、一日に何枚書けば終わるのかを計算しました。
    その時の計算では一日2.25ページでした。

    ここ二日忙しい事が続いておりまして、あと一週間ぐらいはそれが続きそうです。
    それでも一日1~3ページは書いております。
    一日でも書かないと、結局そのまま書かなくなってしまうのではないかという不安があるので、どんなに疲れていても毎日執筆ソフトに向き合うようにしています。
    ソフトはバーティカルエディターというソフトを使っていますが、このソフトの真価を発揮させられていないのではないかなぁと思っています。
    テキストをツリー構造に管理できて、1ページの縦横のテンプレートを作れて、動作が軽快、という部分に惹かれて使っています。
    これだけなら他のソフトでもできるかもしれませんね。オススメがあれば教えて下さい。

    とは言え、ソフトなんて所詮手段でしかありません。

    パソコンよりもスマホで文字を打つほうが早いという人も多いこのご時世ですから。卒業論文をスマホで書く方もいるそうですよ。すごすぎです。

    話が逸れました。
    アイディアと情熱が技術を上回る、これ重要です。
    とは言っても、技術があれば多様な表現が可能になって、アイディアと情熱に欠けている部分があっても補完できるんでしょうから、持っているに越したことはありませんが。

    ちょっとした日記と雑感でした。
    終わり。
    スポンサーサイト

    コメント


    管理者のみに表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。