ライトノベルを書きたい

    新人賞を受賞して作家デビューしたい、そんなワナビな僕のとりとめのない夢がつまる予定地。

    スポンサーサイト

    --.--.-- (--)
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ダッシュエックスのねらい

    2014.12.25 (Thu)
    こんにちは。

    今回はダッシュエックスさんに関する記事を見つけたので紹介したいと思います。
    それがヤフーニュースの
    「DX文庫」リニューアル効果は? 新たな目的と現状のギャップを改善
    です。

    ダッシュエックスさんは、2014年11月21日に創刊した、スーパーダッシュさんのリニューアルレーベルです。
    以前にも記事にしましたので、そちらもあわせてどうぞ。

    記事の内容を大きく要約すると
    創刊から14年経ったスーパーダッシュは、読者層の年齢が上がった。
    また、毎月100冊以上もライトノベルが出版されている現状では、偶然手にとってもらえる機会が減った。
    そのため、新規読者が入りにくい状況にあった→リニューアル
    結果はオリコンでは上々。
    そんな感じでした。

    まあリニューアルの理由はなんとなく予想通りですよね。
    ただ、このリニューアルにあたって、部署を「ジャンプ・ノベル」へ異動させたということなので、メディアミックスの未来や漫画家が絵師として参加できる環境づくりなど、集英社さんらしいやり方ができるようになったみたいですね。

    ワナビとしての視点から見ると、
    リニューアルした新人賞で、現在評価シートの返却がとても遅いという問題を抱えているレーベルさんでもあります。
    ダッシュエックス創刊でバタバタし、それが終わると年末年始、という様に忙しい時期が連続しているのは分かりますが、早く評価シートが返却されることを願っています。

    終わり。
    スポンサーサイト

    コメント


    管理者のみに表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。