ライトノベルを書きたい

    新人賞を受賞して作家デビューしたい、そんなワナビな僕のとりとめのない夢がつまる予定地。

    スポンサーサイト

    --.--.-- (--)
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    一次選考結果発表【第四回講談社ラノベCC】

    2014.12.26 (Fri)
    こんにちは。

    昨日、第四回講談社ラノベチャレンジカップの一次選考結果が発表されましたのでお知らせします。
    ページはこちらです。

    応募総数310作品に対して、
    通過作品数は71作品。
    複数通過は5名という形になりました。
    通過された皆様おめでとうございます。

    タイトルでパッと目を引いたのは
    「幼女拾った」
    ですね。
    シンプルで且つターゲットユーザーの心を鷲掴みするタイトルだと思います。
    イメージとしては「俺、ツインテールになります」と同じ感じですかね。

    さて、講談社ラノベCCといえば、文字数やページ数制限が無い新人賞として有名です。
    そのため、書いてはみたものの、ページ数がとんでもないことになってしまった方の受け皿となっています。
    ストーリーによっては、長くないと魅力の出ない作品というものが少なからずあると思います。
    ですから、そういった超長編の良策が発掘される新人賞となればいいなぁ、なんて思っています。
    最近はなろうの新人賞や拾い上げで、超長編の良策が発掘される機会も増えています。しかし、投稿新人賞からも出て欲しい、そういった思いであります。

    終わり。
    スポンサーサイト

    コメント


    管理者のみに表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。