ライトノベルを書きたい

    新人賞を受賞して作家デビューしたい、そんなワナビな僕のとりとめのない夢がつまる予定地。

    トリプル受賞の大物現る【第2回ダ・ヴィンチ「本の物語」大賞】

    2014.12.28 (Sun)
    こんにちは。

    今回、第2回ダ・ヴィンチ「本の物語」大賞の受賞作が発表されました。
    公式ページはこちら

    受賞されたのは
    裏道通り三番地、幻想まほろば屋書店(三萩せんや さん)
    です。
    おめでとうございます!
    ちなみに、応募総数は160作品でした。

    さて、上の発表のページにもあるように、
    三萩せんやさんと言えば、
    第7回GA文庫大賞にて奨励賞、
    第20回スニーカー大賞にて特別賞
    を受賞されています。
    以前僕も記事を書きましたね→
    つまりこの本の物語大賞を受賞したことでトリプル受賞となりました。

    本の物語大賞は、募集内容が「本にまつわる物語」とされています。
    三萩さんは大学図書館勤務とのことで、本もかなり読まれていると思います。
    その知識や経験、そしてなによりも本を愛する気持ちから生まれた物語であろうと推測されます。

    そんな大物新人の登場が、業界に新たな風を吹き込む事を期待しています。

    終わり。
    スポンサーサイト

    コメント


    管理者のみに表示