ライトノベルを書きたい

    新人賞を受賞して作家デビューしたい、そんなワナビな僕のとりとめのない夢がつまる予定地。

    スポンサーサイト

    --.--.-- (--)
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2014年のアニメランキング【韓国と日本を比べて】

    2015.01.02 (Fri)
    こんにちは。

    年末年始になると、1年の精算に人気ランキングが発表されることが多くありますね。

    今回はアニメのランキングをみてみたいと思います。
    まとレーベルさんで取り上げられていた二つの記事を取り上げます。
    AT-Xアニメランキング2014 ラノベ原作アニメからはSAO、ノゲラ、劣等生がランクイン!
    【ランキング】 韓国で人気のアニメキャラランキングが発表!ラノベ原作アニメからはアスナ、白 、シノンがランクイン

    ライトノベルのランクイン作品(キャラ)を比べて
    興味深いのが
    AT-Xアニメランキングでは劣等生がランクインしているのに対して、
    韓国ではランクインしていない点です。
    両者共にランクインしているのが、
    ノーゲーム・ノーライフとSAOです。

    これは二通りの解釈が可能かと思われます。

    一つが、劣等生は韓国で火が付いていないという考え。
    劣等生はWEB小説投稿サイト「小説家になろう」で人気だったタイトルを電撃文庫から書籍化した作品です。
    WEB小説はWEBからの読者が購入してくれるという利点があります。
    これはもちろん日本のWEB小説なので、韓国ではその利点が失われてしまいます。
    それ故、ブーストが掛からずにランクインするほどの人気にはならなかった。

    もう一つが、ノーゲーム・ノーライフもSAOも「ゲーム」を題材にしていたため人気が出たという考え。
    韓国では日本の何倍もネットゲームが人気です。
    そして、ネットゲームプレイヤー層とアニメ視聴者層は少なからず被っているでしょう。
    だから、ゲームを題材にしたラノベ(アニメ)に感情移入でき、人気となった。

    そうは書きましたが、キャラの人気が即ちアニメの人気とは限りませんし、
    さらに、去年の韓国アニメキャラランキングでは1位に氷菓のキャラがランクインしていたことを考えれば、
    2つ目の考えは削除できそうですが。

    これだけ書いておいて、……そもそも劣等生が韓国で放映されていなかったりして……。

    終わり。
    スポンサーサイト

    コメント


    管理者のみに表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。