ライトノベルを書きたい

    新人賞を受賞して作家デビューしたい、そんなワナビな僕のとりとめのない夢がつまる予定地。

    スポンサーサイト

    --.--.-- (--)
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    アマゾンレビューは貴様の日記帳ではない!

    2015.02.06 (Fri)
    こんにちは。

    先日記事にしました「ガガガんばる2105」。
    その中にありました
    平坂読先生(はがないの著者)の新作がついに発表されました。

    そのタイトルは
    妹さえいればいい。
    です。

    その紹介文に書いてあるのがこの記事のタイトル。
    「アマゾンレビューは貴様の日記帳ではない!」
    とてつもないインパクト。

    小説家が主人公の話のようです。
    紹介文の最後辺りに書かれている一文もまた魅力的です。
    「言葉の鋭刃が今、世界と担当編集の胃に穴を穿つ――!!!!」

    そんな
    妹さえいればいい。
    は3月18日に発売予定です。
    楽しみですね。

    終わり。
    スポンサーサイト

    コメント


    管理者のみに表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。