ライトノベルを書きたい

    新人賞を受賞して作家デビューしたい、そんなワナビな僕のとりとめのない夢がつまる予定地。

    スポンサーサイト

    --.--.-- (--)
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    キャラクター小説の行方【知らない映画のサントラを聴く】

    2014.09.18 (Thu)
    こんにちは。

    新潮文庫nex創刊タイトルの内の一冊
    「知らない映画のサントラを聴く」(著:竹宮ゆゆこ先生)
    を読了しました。

    竹宮先生のライトノベルはひと通り読んでおりまして、今回も例によって作家買いです。
    いやぁ、面白かった。ギャグあり、鬱あり、想いの交錯あり。
    叙述トリックとかがあるわけではありませんが、二度読みたくなる小説ですね。

    以下、ネタバレが無いよう配慮して書きますが、一応続きを読むに隠しておきます。
    さて、新潮文庫nexはライトノベルレーベルではないことを以前記事にしましたが、今回もそれに関わる話です。

    ライトノベルはキャラクター小説と呼ばれることもあります。
    僕としては、概念的に包括・被包括の関係にあるわけでは無いと考えています。

    先日の記事にした新潮文庫nexさんのTweetに、自身が目指すのはキャラクターだとありました。
    ライトノベルではないキャラクター小説を目指すという宣言に他なりません。

    そんな中、「知らない映画のサントラを聴く」を読みました。
    圧倒的恋愛小説と喧伝している本作ですが、内容は恋愛に的を絞ったものではありませんでした。
    挙げるなら、死との向き合い方、とか。

    キャラクター小説とは、キャラクターに魅力を持たせてエンターテインメントに昇華させた小説だと思っていました。
    だからこそグッズ展開も視野に入れやすく、商業的小説として確固たる地位を築くことができたと思っていました。

    その基準で考えれば、「知らない映画のサントラを聴く」をキャラクター小説と呼べるかどうかは微妙です。
    『人間のクソさがよく現れている』という言葉が本作のキャラクターの形容として登場しますが、これが言い得て妙。
    だからこそこれはキャラクター小説であると言われれば、僕のキャラクター小説への認識は改める必要がありそうですね。

    以前から竹宮先生の書くキャラクターには、どこか人間のドロ臭さを突き抜けさせたモノがあると感じていました。
    とらドラ!の「櫛枝実乃梨」やゴールデンタイムの「岡千波」なんかはその最たる例で、だからこそライトノベルの中でも突出したヒューマンドラマが描けるのだと考えていました。
    今回もそれです。
    ただ、徐々に『人間のクソさ』を軸とした小説に移ってきていると感じます。

    それは良くも悪くもオタク文化からの脱却を感じさせます。
    オタク文化の拡張とも捉えられますね。
    んー、オタクと一般の橋渡しとも感じられます。
    なんか感じすぎですね。

    竹宮先生を応援している身としては、これからどういったスタンスの作品が打ち出されるのか、楽しみですね。

    終わり。
    スポンサーサイト

    コメント


    管理者のみに表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。