ライトノベルを書きたい

    新人賞を受賞して作家デビューしたい、そんなワナビな僕のとりとめのない夢がつまる予定地。

    二次選考結果発表【一迅社文庫NewGenerationAward2014】

    2015.02.21 (Sat)
    こんにちは。

    一迅社文庫NewGenerationAward2014の二次選考結果が発表されたので紹介します。
    発表ページはこちら

    通過されたのは

    『エルフェイムの女王』 倉名まさ
    『紅のオーク』 高橋右手
    『俺は本気で竜の娘と婚約するんだろうか』 くらげマン
    『小虎みみ子さんのミミック校内戦争』 ざっき。

    です。
    通過された方、おめでとうございます!

    タイトルを見た限り、僕個人としては
    小虎みみ子さんのミミック校内戦争
    が気になりますね。

    ミミック校内戦争。
    この学校では何故戦争が起きていて、その中で「ミミック(擬態)」という要素がどう絡んでくるのか。
    場合によっては、SAOやダンマチなど最近流行りのゲーム系ファンタジー的要素も絡んでいるかもしれませんね。

    これまでの選考状況は
    30→4→?(一次通過→二次通過→受賞)
    となっています。
    去年が
    25→5→2
    だったことを考えると
    今年の受賞は2作品、もしくは1作品となりそうですね。

    終わり。
    スポンサーサイト

    コメント


    管理者のみに表示