ライトノベルを書きたい

    新人賞を受賞して作家デビューしたい、そんなワナビな僕のとりとめのない夢がつまる予定地。

    三次選考結果発表【講談社ラノベチャレンジカップ】

    2015.02.26 (Thu)
    こんにちは。

    講談社ラノベチャレンジカップの三次選考結果が発表されました。
    発表ページはこちら

    通過されたのは

    ぜんぶ死神が無能なせい 広重若沖
    隣にいつも 雪崎ハルカ
    雛菊こころの深層心理 ひなた華月
    イー・ヘブン 奥村惇一朗


    です。
    通過された方々おめでとうございます!

    これまでの選考は
    応募総数からこのように推移しています
    310→71→12→4→?
    これまで第一回は最終選考作品数5に対して受賞作品4、
    第二回第三回は最終選考作品数4と3で受賞も4と3。
    なので、おそらく今回も受賞は4作品か3作品になると予想されます。

    さて、作品のタイトルを見てみましょう。

    僕が気になるのはイー・ヘブンです。
    「良い」の「イー」と「e」の「イー」を掛けている気がします。
    つまり、死後に電脳世界に精神を移植する事が可能となった世界で、哲学的な観点からその世界の良し悪しを考えるということを物語の根幹においた作品。
    うん、絶対違いますね。

    終わり。
    スポンサーサイト

    コメント


    管理者のみに表示