ライトノベルを書きたい

    新人賞を受賞して作家デビューしたい、そんなワナビな僕のとりとめのない夢がつまる予定地。

    スポンサーサイト

    --.--.-- (--)
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    復活を遂げたい系男子

    2017.04.09 (Sun)
    HELLO。NICE TO MEAT YOU。

    久しぶりすぎて、
    すっかりブログのログインID・PWを忘れて、
    ログインしてもブログ管理画面の使い方を忘れて、
    記事を書くページにたどり着いても、どんな形式・お決まりでブログを書いていたのかも忘れた、
    どうも、長続きしないミート系男子の代名詞、僕です。

    さて、2016年。実は一つ物語を書いて、
    小学館ライトノベル大賞に応募していました。
    結果は言うまでもなく、惨敗。
    書いていて、前回以上のドキドキや、キャラクターの魅力がないのではないかと思っていたので、
    半ば思った通りといえば思った通りでした。
    一次落選で評価シート無しというのがいたいところです。

    その後、恥ずかしながらも、恋活?にうつつを抜かしておりました。
    一時は彼女ができたりもしましたが、
    彼女が転勤するのと同時に関係も終わり。
    それと同時にやってきた、年度末年度始の超繁忙期。
    ビバ異動・評価・決算・給与計算。
    正直、今も忙しい。僕の今の最大の敵は36協定です。

    それでもこのブログに舞い戻ってきたのは
    やっぱり僕にできることって、あんまりないんだなって気づいたから。
    最近は株式投資を始めて、セミリタイアを目指し始めましたが、
    それも年初来出来高マイナス(今年3月から始めたので、つまり、累計で見て損をしているということ)。
    元々日本語ラップ好きで、最近TVでフリースタイルダンジョンが人気になって、
    自分もやってみたいと思うも、元来頭の回転の速くない僕は即興ラップなんてできるはずもない。
    動画やADVを作りたくなったとしても、同人活動にあこがれたとしても、絵が描けないし仲間もいない(いっちょまえにペンタブは持ってたりするんです)。

    そんな中、森見登美彦先生の「夜は短し歩けよ乙女」の映画を観に行きました。
    あぁ、やっぱり物語って楽しい。
    そう思いました。
    もちろん原作も読んだことがあります。
    映画の印象としては、「東京ゴッドファーザーズ」に近い、
    人と人・出来事と出来事の運命的なつながりが、
    ドラマチックに描かれているな、という感じでしょうか。

    またチマチマと更新できればな、と思います。
    次の小説を書けるのがいつになるかはわかりませんが、
    少しずつやっていきたいです。

    最後に。
    今期は野﨑まど先生の「正解するカド」が放映されていて、
    とても楽しみにしています。知らない人がいたら、是非。
    って、あえて最後に持ってきたのが自分の執筆の話じゃないんかーい。

    終わり。
    スポンサーサイト

    コメント


    管理者のみに表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。