ライトノベルを書きたい

    新人賞を受賞して作家デビューしたい、そんなワナビな僕のとりとめのない夢がつまる予定地。

    スポンサーサイト

    --.--.-- (--)
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    Occultic;NineとOVERLAP文庫

    2014.09.01 (Mon)
    こんにちは。

    巷で噂になっているオカルティック・ナインについて少し話したいと思います。
    実はまだ読んでいる途中なんですが、それはこの際どうでもよくて。

    あの『カオス・ヘッド』、『シュタインズ・ゲート』、『ロボティクス・ノーツ』で有名な志倉千代丸氏によるライトノベルということで、存在が発表された頃から話題になってましたよね。
    新興ライトノベルレーベルであるオーバーラップ文庫の切り札と言ってまず間違いないでしょう。

    既にテーマソング制作が決定していたり、CVが決まっていたり、メディアミックスを前提として進められている感がありありです。
    CVはラジオドラマだろうと予想していますが、ひょっとするとアニメ化企画が進んでいるのかもしれませんね。
    自分はカオへ、シュタゲ、ロボノ、どのアニメも好きだったので、オカルティック・ナインのアニメ化が進んでいるのであれば楽しみでなりません。

    ちなみに、公式サイトで使われているオカルティック・ナインの略称が『オカン』のようなのですが、なんか普通に『オカナ』じゃだめなのかな? という気持ちにさせられました。そのへんどうなんですか、オーバーラップさん。

    オーバーラップ文庫は、いち早くなろうとのコラボ新人賞を設立たり、ISを引っ張ってきたり、志倉千代丸氏初のライトノベルを出版したりとライトノベル業界を獲ろうという姿勢が見られます。
    目先の利益に飛びついている様に見えるという意見をネットで目にしましたが、まあ見方の問題かなぁと思います。
    今後の躍進に期待したいところです。
    スポンサーサイト

    コメント


    管理者のみに表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。