ライトノベルを書きたい

    新人賞を受賞して作家デビューしたい、そんなワナビな僕のとりとめのない夢がつまる予定地。

    スポンサーサイト

    --.--.-- (--)
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    50ページ到達

    2014.09.16 (Tue)
    こんにちは。

    ここのところ3DSのスマブラばかりやっている友人達。
    片や3DSなど持っているはずもない僕は、あいも変わらずPCに向かってカタカタと文字を打つ日々です。

    さて、今書いている小説ですが、今日50ページに到達しました。

    100ページ書くと考えると約半分です。

    先日の記事では「文字数的にHJさんに投稿するのは無理かも」とぼやいていましたが、意外といけそうです。

    僕の場合、初稿では描写が淡白という傾向があることが、ここ数日読み返したりしていて気付きました。
    なので、初稿で規定枚数を超えた場合、改稿して枚数を削るのは難しいと思いますが、でも多分収まりそうな気がしてきました。
    もしオーバーしても、GAさんの規定には絶対に収まりそうです。

    先日の記事の必要作業速度だと今日で40ページくらいの予定でした。
    このペースなら、HJさんにも余裕を持って間に合いそうです。

    終わり。
    スポンサーサイト

    コメント


    管理者のみに表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。