ライトノベルを書きたい

    新人賞を受賞して作家デビューしたい、そんなワナビな僕のとりとめのない夢がつまる予定地。

    短編って難しい!【PSYCHO-PASS ASYLUM 1を読んで】

    2014.09.30 (Tue)
    こんにちは。

    アニメ『PSYCHO-PASS(サイコパス)』のスピンオフ小説PSYCHO-PASS ASYLUM 1を読みました。
    この一冊の中に二人のエピソードが短編として一作ずつ入っています。
    キャラクターはチェ・グソンと縢秀星(かがりしゅうせい)となっています。

    チェ・グソンのスピンオフ『無窮花』では、チェ・グソンが槙島聖護(まきしましょうご)と出会うまでの物語が、日本の外側の、つまりアニメでは語られなかった世界観の拡張と共に描かれます。
    縢秀星のスピンオフ『レストラン・ド・カンパーニュ』では、縢秀星が天然食材を使用して料理をするようになった経緯や、彼が前向きな性格になってゆく過程が描かれています。

    続きを読むに続きます
    この2つのエピソードはある意味で対照的な内容です。

    チェ・グソン編では、残酷な世界をありありと描写し、シビュラシステムとはいかなる存在か、それに付随して世界はどのような変貌を遂げたのか、そういった描写が細かくされおります。
    SFらしい作品といえば分かりやすいと思います。
    また、チェ・グソンはアニメでは重要な敵役として出てきますが、彼にも人生があって、一概に敵と言ってしまっていいのだろうかという問いが感じられます。
    こちらはSF好き向けだと思います。

    この物語を一言で言えば、チェ・グソンの『絶望』の物語でした。


    対して縢秀星編では、サイコパスに出てきたキャラクター達が何人も登場し、アニメの空気を楽しめる作品となっています。
    また、残酷な描写などはほとんど無く、キャラクターの造形をより深化させるたのめの物語だと言えるでしょう。
    もちろん、アニメで語られなかった世界観の描写(ハイパーオーツについて)もありますが、チェ・グソン編に比べれば重くなく、またキャラクターが会話で説明する場面が多いので軽く読めると思います。
    こちらはサイコパスファン向けだと思います。

    この物語を一言で言えば、縢秀星の『希望』の物語でした。

    アニメ本編にて、チェ・グソンと縢秀星は共に最期を迎えますが、二人には共に救いがあったと感じさせる内容でした。

    両方共キャラクターを深堀りした内容となっていましたが、チェ・グソン編では大きな話の展開がうまくまとめられていて、濃度の高い物語だったと感じました。ただ、チェ・グソンが凄腕のハッカーとして描かれたアニメ本編のクールさが失われているようにも感じられます。
    対して縢秀星編では、短編にミステリーの要素とキャラクターを深堀りする要素をいれようとした結果、前者の濃度が薄まってしまった様に感じました。キャラクターに関しては文句のつけようがなかったと思います。

    短編に多くの事を詰め込んだ本作は、サイコパスファンの心をがっちりと掴むこと間違いなしです。
    それと同時に短編の難しさを教えてくれるような作品でも有りました。

    終わり。
    スポンサーサイト

    コメント


    管理者のみに表示