ライトノベルを書きたい

    新人賞を受賞して作家デビューしたい、そんなワナビな僕のとりとめのない夢がつまる予定地。

    スポンサーサイト

    --.--.-- (--)
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    第2回オーバーラップ文庫大賞第2ターン 一次選考発表

    2014.10.19 (Sun)
    こんにちは。

    第2回オーバーラップ文庫大賞第2ターン 一次選考の結果が発表されました。
    ページはこちら
    応募総数は323作品。通過作品数は44作品。
    複数作品通過者は
    雲山 ヒロキ さん(2作品)、大夫 有 さん(3作品)
    の二名ですね。

    通過した方々はおめでとうございます!

    オーバーラップ文庫大賞と言えばWeb応募をいち早く取り入れた新人賞ですね。
    というか、Webからしか応募できませんね。
    そんな意欲的な姿勢の見える新人賞ですから、今後の結果も楽しみです。

    第一ターンの応募総数195作品からはかなり応募数が増えましたね。
    これは、おそらく電撃さんや富士見さんを始めとして4月締め切りの新人賞が多くあるので、作品を食い合った形ではないかと思います。
    そう考えるとターン制はいつでも応募できるのでありがたいですね。
    ただ、その分本当の最終発表までは時間が掛かるというのが難点です。

    それにしても三作品も通過する方というのは、一体何作品応募しているんでしょうね。三作品だったらそれはそれですごいし、6作品とかでもそれはそれですごいっていう。

    終わり。
    スポンサーサイト

    コメント


    管理者のみに表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。