ライトノベルを書きたい

    新人賞を受賞して作家デビューしたい、そんなワナビな僕のとりとめのない夢がつまる予定地。

    スポンサーサイト

    --.--.-- (--)
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    涼宮ハルヒの憂鬱を読みました

    2014.10.23 (Thu)
    こんにちは。

    やはりワナビとして、有名なライトノベル作品は読んでおかなければなという感じで、『涼宮ハルヒの憂鬱』を読みました。

    初めて読みました。

    やれやれ系の主人公の代表としてわなびニュースさんでは
      キョンがどれだけ「やれやれ」を使っているのか調べてみた
    という記事を書かれています。興味があれば是非。

    さて、僕がこの本を読んでまず感じたのが
    『文字がするする頭に入ってくる』
    でした。
    文章をただ平易にしただけではない何かがあります。
    そのおかげで、説明的な部分も難なく読むことが出来ます。

    僕は人に何かを伝えるのが上手くないので、文章もあまり上手くないと思います。
    もちろん意識して読みやすい文章を書くようにはしましたが……。

    特徴のある文章は作家のアイデンティティみたいな感じでかっこいいですが、それよりも平易で読みやすい文章を書くことを目標にする必要のある僕でした。
    終わり。
    スポンサーサイト

    コメント


    管理者のみに表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。