ライトノベルを書きたい

    新人賞を受賞して作家デビューしたい、そんなワナビな僕のとりとめのない夢がつまる予定地。

    スポンサーサイト

    --.--.-- (--)
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    MF新人賞の歴史と受賞作PV

    2014.11.21 (Fri)
    こんにちは。

    先日から記事にしている第十回MF文庫Jライトノベル新人賞10大企画
    そのページが更新されました。

    特に注目したいのが
    10大企画その5 MF文庫J新人賞の歴史を振り返ろう!
    10大企画その8 受賞4作品紹介PV公開!
    の二つです。

    まず歴史
    とても興味深いのが、年によって受賞作品数が大きく違う事。
    第0回から第10回までの受賞数の推移は
    2→8→3→5→7→7→7→5→10→6→4
    です。
    実は2作品や3作品の年もあったりしたんですね。

    次にPV
    このPVは、紹介作品を読む気にさせられます、すごい。
    5分にも満たないので、時間がない方も是非PVは見て欲しい。

    さて、PVで紹介されている各受賞作品についてみていきましょう。

    最優秀賞:ヨグの紋章師
    アンチループファンタジー
    これがキーワードになっているらしいです。
    ナレーションで『未来を変えろ』と言っていることからも、時間に関係する伏線が張られた物語なのかもしれません。

    優秀賞:逃奏劇リアクターズ

    さよなら異能バトル! 
    そして
    こんにちはラブコメ!


    作品中の引用なのかもしれませんが、このキャッチコピーはたまりません。
    主人公は天才最強陰陽師だけど、バトルじゃなくてラブコメがしたい! という感じらしい。

    審査員特別賞:イケニエハッピートリガー
    カミサマによって、不死である代わりに、唯一、幸せになると死んでしまう体にされた少女。
    人類を救済するにはこの少女を殺す=幸せにする必要がある、とカミサマから全人類に告げられる。
    人類救済のため、少女を幸せにして殺す話。
    これはPVを見たときに一番ピンと来ました、が、ニコ生によると異世界ものらしい。
    この設定なら現代ものでやってほしかったとも感じますが、きっと異世界という点が何か活かされているのでしょう。

    佳作:ひとりで生きるもん!
    クラスヒエラルキー底辺のお笑い好きの少年が、学校一の美少女の相方になり、文化祭の漫才に向けて準備を進める話。
    MFさん……佳作……お笑い……。
    2012年佳作、瑠璃色にボケた日常を連想させますね。
    二人に別れが待っているとのことで、切なさもあるようで、おもしろそうです。


    どれも読んでみたいですが、イケニエハッピートリガーを優先して読んでみようかなと思います。

    終わり。
    スポンサーサイト

    コメント


    管理者のみに表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。