ライトノベルを書きたい

    新人賞を受賞して作家デビューしたい、そんなワナビな僕のとりとめのない夢がつまる予定地。

    スポンサーサイト

    --.--.-- (--)
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    障がい者を物語に描くということ

    2014.11.22 (Sat)
    こんにちは。

    タイトルにすごいこと書きましたが、あまり込み入った話をするつもりはありませんのであしからず。

    さて、なぜこの記事を書こうと思ったのかというと、
    聲の形という漫画がアニメ化されると聞いたからです。

    この『聲の形』は聾者であるヒロインに対するいじめをテーマに取り扱った漫画です。

    『聲の形』のアニメ化を知った時に一番最初に思い出したのが、図書館戦争。
    図書館戦争シリーズにも聴覚障がい者が登場します。
    しかし、TVアニメには登場しません。
    理由は、聴覚障がい者という設定によりメディアが自主規制したからだそうです。

    過去にそんな事があったため、聲の形のアニメ化は厳しいだろうな、と思っていました。
    しかし、現実にそれが実現しました。
    『聲の形』を全巻読んでいる僕は、素直に嬉しいと感じました。


    では新人賞の投稿作はどうでしょうか。
    障がいを持つ人物を書いたものを送ってもよいのでしょうか。

    僕は、受賞を強く望むのであれば避けたほうが良いと思います。
    何故なら、感じ方が人それぞれだからです。
    たまたま審査にあたった人物が、そういったテーマに慎重な人であったら、ということが考えられます。
    そんなこと言ったらSFだってミステリーだって男ばかりの話だってそうだろうと言われてしまいます。
    一方で、博多とんこつラーメンズのようにほとんど男性しか出てこないようなライトノベルが受賞する例もあります。
    だから、絶対にダメという訳ではない。
    ただ、避けたほうが無難だろうな、というだけです。

    『聲の形』のアニメ、見たいです。

    終わり。
    スポンサーサイト

    コメント


    管理者のみに表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。