ライトノベルを書きたい

    新人賞を受賞して作家デビューしたい、そんなワナビな僕のとりとめのない夢がつまる予定地。

    執筆・投稿 の記事一覧

    規定枚数オーバーな件について

    2014.10.10 (Fri)
    こんにちは。

    小説は今のところHJPで書いていました。
    昨日の時点で100ページちょっとくらいでした。

    そして夜、ふと『GAPにするとどうなるんだろう』という疑問が頭に浮かびまして、調べてやってみたんです。
    そしたらですよ。

    124ページ。

    あれ? GAPの方がHJPよりも余裕あるはずだから、寧ろページ数が少なくなる予定だったんだけどな。
    そして、改めてHJさんの募集要項と自分のエディタ設定を見比べて愕然としました。

    行と文字数間違えてる!!

    本当は『40文字×32行』だったのに『32文字×40行』で書いていました。
    結局、現在HJP換算で134ページ程書いていまして。
    ふえぇぇ、そんな枚数入らないよぉ。

    まだこれから最終章の最後の部分とエピローグがあるのに。きっと140ページくらいになっちゃう……・。
    改稿で文字数が減るなんて、僕の場合は有り得ないし……。

    これはGAさんへの投稿も視野にいれる必要がありそうです。
    ってか、GAさんの規定も守るの難しそうなレベルなんですが……。
    絶望しました。

    記念すべき50記事目でこれって、すごい。

    終わり。

    今週中には初稿を上げたいの巻

    2014.10.08 (Wed)
    こんにちは。

    今週末には初稿を上げたいですね。
    ここのところ色々あって全然進んでいなかったのですが、現在95ページくらいなんです。
    100ページには収まらなさそうですが、120には収まりそうで安心しています。
    初稿を上げたら推敲と改稿の作業が始まるわけですが、これって結構時間掛かるんですよね、多分。
    やったことないのでわかりませんが。

    待ってろよー、HJ大賞!

    終わり。

    改稿の必要に迫られるの巻

    2014.09.21 (Sun)
    こんにちは。

    そこそこ順調だった執筆ですが、昨日ストーリーの問題点に気付きました。改稿作業になります。
    こうなってくると計画が大きく狂うわけです。
    余裕を持って進めていたとはいえ、改稿は一度書いた部分を修正する作業なので、いろいろなところが辻褄が合わなくなってきたりするんですね。改稿作業は初めてだったので初めて気付きました。
    最初に設定をしっかりと練っていればこんなことにはならなかったであろうに……という後悔に苛まれた一日でした。

    それから、厨ニ成分が足りないのも問題であるように感じてきました。
    キャラクターの魅力も足りないかもしれません。
    そう考えると何処をどう修正すればいいのか分からなくなってきますが、現時点僕が作れる最高の作品を作れるようがんばりたいです。

    終わり。

    50ページ到達

    2014.09.16 (Tue)
    こんにちは。

    ここのところ3DSのスマブラばかりやっている友人達。
    片や3DSなど持っているはずもない僕は、あいも変わらずPCに向かってカタカタと文字を打つ日々です。

    さて、今書いている小説ですが、今日50ページに到達しました。

    100ページ書くと考えると約半分です。

    先日の記事では「文字数的にHJさんに投稿するのは無理かも」とぼやいていましたが、意外といけそうです。

    僕の場合、初稿では描写が淡白という傾向があることが、ここ数日読み返したりしていて気付きました。
    なので、初稿で規定枚数を超えた場合、改稿して枚数を削るのは難しいと思いますが、でも多分収まりそうな気がしてきました。
    もしオーバーしても、GAさんの規定には絶対に収まりそうです。

    先日の記事の必要作業速度だと今日で40ページくらいの予定でした。
    このペースなら、HJさんにも余裕を持って間に合いそうです。

    終わり。

    GAとHJとOLとCC

    2014.09.15 (Mon)
    こんにちは。

    タイトルは暗号ではありません。

    現在秋の新人賞に向けて絶賛執筆中であります。
    もちろんまだ書き終わっていないのですが、書いているうちに枚数が足りない気がしてきました。
    そこで改めて秋の新人賞の募集要項を確認してみると、なんと各レーベル全て枚数が違っていてびっくりしました。
    行数は今回無視して、ページ数のみ比較します。

    HJ文庫:80枚以上120枚以下
    GA文庫:80枚以上130枚以下
    オーバーラップ文庫:80枚以上150枚以下
    講談社ラノベ文庫CC:80枚以上(上限なし)

    となっていました。
    もはや見事。

    僕としてはHJさんに送りたかったのですが、枚数厳しいかなあ。
    かといってCCの「上限なし」に惹かれて応募してくるであろう猛者と戦うには、それなりの壮大さが必要だと思います。120枚以下に抑える予定で書き始めたこの作品のプロットにそこまでの壮大さはありませんし……。
    書ききってみないことにはなんとも言えないんですけれどもね。
    とにかく途中で筆を折らないように書ききりたい!

    終わり。
    « Prev  | HOME |  Next »