ライトノベルを書きたい

    新人賞を受賞して作家デビューしたい、そんなワナビな僕のとりとめのない夢がつまる予定地。

    ライトノベル の記事一覧

    スポンサーサイト

    --.--.-- (--)
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    クーデレここに極まれり【いたいのいたいの、とんでゆけ】

    2014.12.16 (Tue)
    こんにちは。

    ライトノベルを読んだ感想を久しぶりに書こうかな、と思いました。
    ちなみに、感想を書いていないだけで、色々読んではいます。

    さて、今回読んだのは
    いたいのいたいの、とんでゆけ(著:三秋縋)
    です。

    三秋縋先生と言えば2ch出身の作家として有名です。
    スターティング・オーバー、三日間の幸福と2chに書き込んだ物語を個人サイトにまとめていたものが二作続けて書籍化されていました。
    そして今回、満を持して書き下ろし。

    本書のあらすじをMWさんのページから引用しますと

    「私、死んじゃいました。どうしてくれるんですか?」
     何もかもに見捨てられて一人きりになった二十二歳の秋、僕は殺人犯になってしまった――はずだった。
     僕に殺された少女は、死の瞬間を“先送り”することによって十日間の猶予を得た。彼女はその貴重な十日間を、自分の人生を台無しにした連中への復讐に捧げる決意をする。
    「当然あなたにも手伝ってもらいますよ、人殺しさん」
     復讐を重ねていく中で、僕たちは知らず知らずのうちに、二人の出会いの裏に隠された真実に近付いていく。それは哀しくも温かい日々の記憶。そしてあの日の「さよなら」。



    現在出版されている三冊に共通しているのが、
    主人公がダメ人間
    現代世界にプラスαの不思議要素
    という点。
    まあそれらの点についてはおそらく他の感想サイトでも散々言及されているだろうから、敢えて触れないとしましょう。

    本書の魅力は多岐に渡ります。

    その中でも僕がとりわけ感じたのが、記事のタイトルにもある通り『クーデレ』です。
    登場するヒロインは主人公にマイナスの感情を持って話が展開していきます。
    主人公はヒロインを飲酒運転で轢き殺したんですから。当たり前です。

    そんなヒロインと主人公の関係は徐々に軟化してゆきます。
    ところどころで垣間見える、ヒロインが心を許した瞬間。
    それがたまりません。

    クーデレと言えば「涼宮ハルヒの憂鬱の長門有希」や「新世紀エヴァンゲリオンの綾波レイ」が真っ先に思い浮かびます。
    長門や綾波はクーデレの中でも「無感情デレ」って感じです。
    対して本作及び前作のヒロインはクーデレの中でも「すましデレ」って感じです。

    本文から引用します。電車内のシーンです。

    肩に重みを感じた。いつの間にか、少女が僕の肩に寄りかかって眠っていた。
    ~中略~
    馴染みのある駅名がアナウンスされるのが聞こえた。少女の耳元で「そろそろ着くよ」というと、目を閉じて僕にもたれかかっている少女から「知っています」と即座に返事がきた。


    クーデレ好きの人には是非読んでもらいたいと思いました。

    美しくて人間味の有る情景が堪能できる、そんな作品が好きな方にもオススメです。
    僕のことなんですけどね。

    終わり。

    ライトノベル製作過程【ファンタジア文庫】

    2014.12.12 (Fri)
    こんにちは。

    ファンタジア文庫さんにて
    ファンタジア文庫の作り方
    というページが公開されました。

    原稿、イラストの二つを軸として、製作過程が写真と共に時系列を追って見ていけるようになっています。
    更新途中なので、まだ「入稿」と「初稿」しか写真がありませんが、随時更新されていくようです。

    気が早いと言われそうですが、こういった製作工程を知っておくのも、ワナビとして悪いことではないかもしれません。

    終わり。

    2014年年間ライトノベルランキング発表【オリコン】

    2014.12.02 (Tue)
    こんにちは。

    オリコンスタイルさんから2014年の年間ランキングが発表されました。
    ライトノベルのシリーズ別ランキングはこちら
    ライトノベル一冊づつのランキングはこちら
    文庫作家別のランキングはこちら

    シリーズ別で見ると

    劣等生が1位、SAOが2位

    ですが
    一冊づつ見ると

    カゲロウデイズが1位、SAOが2,3位、SAOPが4位、劣等生が5位

    なんですね。
    劣等生は巻数が多かった影響でシリーズでSAOを抑えて1位になったんでしょう。

    文庫作家別ランキングの内、ライトノベルに関係の深い作家さんをピックアップしますと

    川原礫先生(SAO、AW)が5位
    佐島勤先生(劣等生)が8位
    じん先生(カゲロウデイズ)が9位
    有川浩先生(図書館戦争)が10位
    榎宮祐先生(ノーゲーム・ノーライフ)が12位
    渡航先生(俺ガイル)が14位
    三上延先生(ビブリア)が19位
    鎌池和馬先生(禁書目録)が20位

    でした。カッコ内は代表作です。

    川原先生はヒットシリーズを二作に加えて、『絶対ナル孤独者』という新シリーズも始まったので、この順位も納得です。
    榎宮先生はドクターストップによりノゲラの新刊が出ていないことが悔やまれますね。出ていたら多分有川先生と同じぐらいの順位だったでしょう。

    文庫で20人中8人がライトノベルに縁のある作家さんです。
    これからもどんどん勢いづいて欲しいですね!

    終わり。

    NYタイムズの週間漫画ランキングでノゲノラが一位!

    2014.11.17 (Mon)
    こんにちは。

    ホットな話題を周回遅れで紹介したいと思います。

    まとレーベルさんのこちらの記事
    【朗報】 ニューヨークタイムズ漫画版 週刊ベストセラーでNARUTOを抑えてノゲノラが1位に!
    が話題になっていました。

    ノーゲーム・ノーライフといえば、アニメ化ブーストの激しかった、MFさんの看板作品です。ぼくも最後まで見てました。
    そのノーゲーム・ノーライフのコミカライズ作品が、進撃の巨人やNARUTOを抑えて一位を飾ったと。
    これはすごい。

    日本ではライトノベル市場よりも漫画市場の方が圧倒的に大きい。
    やはり小説は文字ばかりで読むのに時間がかかるし、想像力が必要になる。
    対して漫画はサクサク手軽に読める。
    諸外国でもこの漫画が浸透すれば、日本のサブカルチャーが浸透しやすくなる。
    そう考えると、こういうニュースは日本のライトノベルが世界に進出してゆく一助となっていると感じられて、とても嬉しいですね。

    コミカライズってどれくらい人気作品になればされるものなんだろうか……。そんなことを疑問に思った今日でした。

    終わり。

    リア充キャラクターは人気!?【やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。を読んで】

    2014.11.05 (Wed)
    こんにちは。

    先日、やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。の一巻を読みました。

    この小説には
    超クールで毒舌なヒロイン
    リア充グループの一員でアホなヒロイン
    男だけど女以上に女っぽいキャラ
    の三人がヒロインポジションとして登場します。

    毒舌系ヒロインや女っぽい男キャラクターで人気のキャラクターは想像できます(前者はガハラさん、後者はヒデヨシ、など)。
    ですが、リア充キャラというのはどうでしょうか?

    この作品が人気になったということは、リア充キャラクターにも人気があったのではないでしょうか?

    僕は、
    リア充タイプの人間もライトノベルを読むようになったことが人気の要因に挙げられるのではないかと思います。
    空想上のキャラクターではなく、リアルにいそうなキャラクター(人間くささがある)。
    現実に興味のないオタクであればそんなキャラクターには見向きもしないでしょう。
    しかし、多くの人がライトノベルを読むようになった今、読者の多くは普通に友達がいるような人でしょう。
    そんな読者層の変化を的確に捉えた上で、キャラクター造形した結果が本作ではないかと感じられました。

    ある意味で、女性の描く女性キャラクターの様な人間味があります。
    そこにリアルが感じられ、惹かれると。

    なかなか狙ってできることではありません。
    僕も、見習って、他の人にとって魅力的なキャラクターを書けるよう頑張ります。

    終わり。
    « Prev  | HOME |  Next »
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。