ライトノベルを書きたい

    新人賞を受賞して作家デビューしたい、そんなワナビな僕のとりとめのない夢がつまる予定地。

    スポンサーサイト

    --.--.-- (--)
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    二次選考結果発表【第20回スニーカー大賞 秋の選考】

    2015.02.27 (Fri)
    こんにちは。

    第20回スニーカー大賞 秋の選考の二次選考結果が発表されました。
    発表ページはこちら

    これまでの選考の流れは
    (応募総数不明)→48→26→?→?
    という形になっています。
    おそらく三次選考で一桁に絞られ、受賞は2、3作品といったところでしょう。

    タイトルできになるのが
    「これがライトノベルだ!」
    ですね。
    よくこのタイトルを付けられたな、と。内容が全く想像できませんが、とにかく気になります。
    あらすじだけでも知りたいですね。

    終わり。

    三次選考結果発表【講談社ラノベチャレンジカップ】

    2015.02.26 (Thu)
    こんにちは。

    講談社ラノベチャレンジカップの三次選考結果が発表されました。
    発表ページはこちら

    通過されたのは

    ぜんぶ死神が無能なせい 広重若沖
    隣にいつも 雪崎ハルカ
    雛菊こころの深層心理 ひなた華月
    イー・ヘブン 奥村惇一朗


    です。
    通過された方々おめでとうございます!

    これまでの選考は
    応募総数からこのように推移しています
    310→71→12→4→?
    これまで第一回は最終選考作品数5に対して受賞作品4、
    第二回第三回は最終選考作品数4と3で受賞も4と3。
    なので、おそらく今回も受賞は4作品か3作品になると予想されます。

    さて、作品のタイトルを見てみましょう。

    僕が気になるのはイー・ヘブンです。
    「良い」の「イー」と「e」の「イー」を掛けている気がします。
    つまり、死後に電脳世界に精神を移植する事が可能となった世界で、哲学的な観点からその世界の良し悪しを考えるということを物語の根幹においた作品。
    うん、絶対違いますね。

    終わり。

    つぶやきが無いってどういう事態なんだろう……?

    2015.02.25 (Wed)
    こんにちは。

    先日報告させていただきましたように、僕の投稿作がGAさんの新人賞で一次選考を突破しました。

    さて、GA文庫大賞の醍醐味といえば、編集の方々がつぶやいてくださる、投稿作の感想ツイート。
    どこを見ればよいのかわからない方はGA文庫編集部の方々がリストになっているので、こちらをご覧いただければよいかと思います。僕のように投稿用ツイッターアカウントを持っていなくても、ここにアクセスすればつぶやきを見ることができます。

    そのつぶやきなんですが、
    第七回GA文庫大賞後期に入ってから100作以上の投稿作品に関するツイートがされています。
    一次選考通過作品数が237作品なので、その半分ぐらいですね。

    一次選考の次点では下読みさんがいらっしゃるのでツイートが無いことにも焦る必要はありません。
    ただし、二次以降となってくると話は別。
    だって、二次以降は必ず編集さんが読んでいらっしゃいますので、
    呟きたくなるような作品はつぶやかれるはずなんです。
    中にはほとんどつぶやくことのない編集さんもいらっしゃいますし、
    過去にはそれらしいつぶやきがないまま受賞した方もいらっしゃいます。
    なので、無駄に焦ってもしかたがありません。
    それでも、やっぱり不安になりますよね。

    とはいえ、自分の投稿作っぽいつぶやきが来て、それが酷評だった場合の方が辛いと思います。
    それらしいつぶやきが今のところないだけマシ、くらいの気持ちでいこうと思います。

    二次選考の結果発表までもう一週間もありませんので、こんな記事を書いてみました。

    終わり。

    ライトノベルで街おこし、始まる。

    2015.02.24 (Tue)
    こんにちは。

    今日は「ライトノベルで街おこし」という記事をとりあげます。
    ページはこちら

    記事では、「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」の元となっている場所である
    千葉県にある千葉市と習志野市の商店街5箇所で
    作中の菓子や登場人物をイメージした紅茶を販売するなどの取り組みが行われるようです。

    「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」といえば渡航先生の代表作であり、2014年のこのライトノベルがすごい!にてSAO、劣等生、禁書などの人気作を抑え、史上初の3冠を達成したライトノベルです。
    千葉県内の高校を舞台とし、作中でも千葉県ネタが随所に散りばめられています。

    確かにこういった取り組みを行うのは、量販店ではなく商店街などの個人経営店の方が雰囲気がありますよね。
    オーナーがしっかりと考えてメニューを作ってくれた感があって(実際はコンサル会社の提案メニューだったとしても)不思議なあたたかみが嬉しいですよね。

    これまでアニメ関係で街興し行う取り組みは何度か目にしています。
    しかしライトノベルで街おこしはあまり無かったように思います。

    その理由として、まず日常系のライトノベルが少ないことがあると思います。
    バトル、イチャイチャハーレム、異世界などが席巻しているライトノベル市場。そのため、街興しに利用できるような内容のものが少ないのだと考えられます。

    アニメであれば、最初から地域とのプロモーションが決定していたりするのかもしれませんが、
    ライトノベルは流行るか否かの判断が非常に難しいジャンルなのでそうそうそんなことはできません。
    超人気作の著者の作品でも、そこそこの人気でとどまることなんてざらにありますからね。

    しかし、こうやって地域との連携などでライトノベルに対する心の壁が取り払われていってくれたらなにより嬉しいですね。

    終わり。

    スポーツライトノベル全部まとめ【BOOK・OFF online】

    2015.02.23 (Mon)
    こんにちは。

    今日は
    『意外と多いスポーツライトノベル 全部集めてまとめました』
    という記事を取り上げたいと思います。
    公式ページはこちら

    最初に11個のおすすめスポーツラノベがピックアップされていて、
    その後にスポーツライトノベルの年表が示されています。

    おすすめとしてピックアップされているのが、

    サービス&バトラー
    ロウきゅーぶ!
    ひとりぼっちの王様とサイドスローのお姫様
    後宮楽園球場 ハレムリーグ・ベースボール
    暴風ガールズファイト
    地獄野球☆ワイルドウィッチーズ 美少女だらけのチームでプレイボール!?
    雨乞い部っ!
    Let it BEE!
    ポチのウィニングショット
    若草野球部狂想曲
    バトルアスリーテス大運動会

    です。

    年表を見てもわかりますが、野球が圧倒的多いです。
    次点でサッカーやバレーやバスケですかね。
    何故野球が多いのでしょうか。
    やはり国民的スポーツだからでしょうか?
    政治と宗教と野球の話は言い争いになるからしてはいけない、という話もあります。
    それぐらい野球に対してはみな何か考えを持っていて、知識を持っているということなんですね。
    それから逆転が一撃でできるスポーツという点も、話を作りやすい要素なのかもしれません。

    なんとCSVファイルも用意されているので、ちょっとしたデータの統計や編集を行うことができます。
    興味がある方は是非見てみてください。

    終わり。
    « Prev  | HOME |  Next »
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。